ソーシャルメディア

August 19, 2018

7月30日、

NEXCO東日本(関東支社交通管理課、さいたま市岩槻区加倉260)にて、

災害備蓄食品の提供を頂きました。

今回ご提供いただいたのは、

・五目ごはん(アルファ米) 100食分(3箱)

・山菜ごはん(アルファ米) 50食分(1箱)

・わかめごはん(アルファ米)100食分(2箱)

提供にあたっては誓約書も交わさせて頂きました

これらの食品は、
埼玉県内の生活困窮者自立支援(相談窓口)や
子ども食堂、子育てのNPO法人などに活用させて頂きます

この度は誠にありがとうございました

今後ともご支援のほどよろしくお願いいたします

August 1, 2018

フードバンク埼玉では、生活困窮者自立支援窓口へ毎月約1トンの食品提供を行っています。

この量はアルファ米換算で「200箱(個包装50食入)」に相当します。

災害備蓄品や防災食品をお持ちの企業・団体様のご協力をお願いします。

現在、ご寄附をお願いしている食品は

「アルファ米」

「サバイバルパン」

「レトルト食品」

「インスタント食品(カップ麺・袋ラーメン)」です。

皆さまのご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

July 11, 2018

6月22日、埼玉県立大学様から

災害備蓄品「アルファ米3種類(わかめご飯・五目ご飯・田舎ごはん)」をご寄贈頂きました。

今回は、「90箱=4500食」と大量の災害備蓄品のご寄付を戴きました。

頂きました食品は、県内の生活困窮者自立相談窓口などで活用されます。

誠にありがとうございました。

February 6, 2018

東日本大震災の経験と教訓を首都圏災害に活かそうと平成25年からスタートした、

「協働型災害訓練in杉戸」、今年で5回目となった取り組みに参加させて頂きました。

2月3日(土)。

2日目の昼食を、

「<体験型ランチタイム>避難所ワークショップ5」と題して、

フードバンク埼玉として協力させて頂きました。

フードバンク埼玉の永田事務局長から、
フードバンクの活動説明や食品提供の流れのプレゼンテーションを行いました。

続いては、防災備蓄品の試食。

この日提供されたのは、防災備蓄品3DAYセット。
缶詰パンやアルファ米を実際に試食してもらいました。

さらに、福...

Please reload

  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
Please reload

最新記事
タグから検索
特集記事

【レポート】比企地域労福協学習会

October 28, 2019

1/7
Please reload

アーカイブ