©特定非営利活動法人フードバンク埼玉|埼玉県さいたま市浦和区常盤|お問い合わせは専用フォームまはたお電話(048-832-0115)でお願いします

    Please reload

    最新記事

    【レポート】比企地域労福協学習会

    October 28, 2019

    1/7
    Please reload

    特集記事

    【報告】フォーラムを開催しました

    April 19, 2017

    平成29年4月15日、さいたま市文化センターで

    2017年フードバンク埼玉運営協議会フォーラム「もったいないからありがとうへ」を開催しました。

    今回は、昨年度から設立し活動を行ってきたフードバンク埼玉の報告会も兼ねたフォーラムとなりました。

     

     

    開会挨拶は竹花代表。 

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    「車で言えばまだ試作品の段階、これから公道を走れるようになっていきたい」

    さすが自動車関連企業出身の方ならではのたとえ話からスタート。

     

     

    フードバンク千葉のさんからも連帯挨拶を頂きました。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    続いては、昨年度のフードバンク埼玉の活動報告。

    永田事務局長から。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    続いて、協議会構成団体からの報告。

    (各団体からのプレゼンテーションデータはこちらのページからご覧いただけます

     

    生協連さんの滝沢さんからは「生協組合員が考えたこと」と題して円卓会議を行ったことの報告。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    コープみらいの吉田さんと駒形さんからは「地域に広げるフードバンクの取り組み」の報告。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    パルシステム埼玉の森田さんからは「組合員からスタートしたフードバンク活動」の報告。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    生活クラブ生協の清水さんからは「生活宣言と子ども食堂フォーラム」の報告。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    NPO埼玉ネットの豊島さんからは「熊本へのフードバンク支援と防災協働型防災訓練」の報告。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    連合埼玉の近藤さんからは「連合組織と地域事務所での活動」の報告。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    ワーカーズコープの古澤さんからは「フードバンクの実施状況」の報告。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    岩岡副代表から閉会の挨拶では、

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    本日のフォーラムを振り返って、

    1.共同・協同・協働の理念を持つ団体の集まりである

    2.子どもの貧困は身近な問題で地域で取り組んでいく

    3.参加している皆さんとネットワークを組んで取り組んでいく

    4.連鎖を断ち切るために子どもたち自身も輪の中に入れる仕組みを

    という4点のまとめがありました。

     

     

    今年度も引き続き食品ロスを身近な問題と捉え、フォーラムを開催し、

    資源の有効活用やフードドライブ活動の周知なども行っていきたいと思います。

    今後ともフードバンク埼玉運営協議会をよろしくお願いいたします。

     

    事務局拝

     

     

    Share on Facebook
    Share on Twitter
    Please reload

    ソーシャルメディア